INTERVIEW #3

ART

お客様が悩みや課題を抱えたとき、
第一想起されるチームメイトへ

コンサルタント
2016年 新卒入社

坂口 沙織Saori Sakaguchi

筑波大学卒業。大学時代は消費者心理学などを学び、その中でアンケート調査~統計・分析といった知識を身につける。就職活動では、コンサルティング業界やリサーチ業界を志望。理想のあるべき姿を語るだけでなく、「実行」にこだわるコンサルティングを目指すLTSに魅力を感じ、入社を決める。
入社後は総合商社向けの業務システム導入支援、卸売会社向けの基幹システム刷新構想策定など、企業のIT導入支援に携わっている。

ミッションに共感したことが、入社を決めた最大の理由

就職活動で特に重視していたのは、事業内容よりも、会社の存在意義やミッションでした。さまざまな企業を見た中でも、LTSの掲げる「人の持っている可能性を信じ、その可能性が十分に発揮できるように支援することで自由で活き活きとした人間社会を実現することに貢献する」というミッションに共感したことが、入社を決めた一番の理由です。もともと私自身も、誰かの想いをサポートし、実現するまでの支援をすることが得意だったので、LTSのミッションにとても惹かれましたね。
また、就職活動中にLTSの社員の方々と面談していて、みなさんが魅力的に感じたことも入社を後押しした理由です。さらに、LTSが現在「第二創業期」という、会社作りのフェーズにある点も入社を決意したキッカケになりました。LTSは大手企業に比べると、まだまだ完成していない組織。だからこそ、社員のみなさんと一緒に会社を作っていくことができ、それが面白いと感じました。

役員陣と議論し、意思決定の舵を取る

入社してから現在に至るまで、3社のシステム導入プロジェクトを担当しました。特に、企業経営の根幹を担う基幹システムの構想から実際の導入までを手がけています。その中で、特に印象に残っているのは入社2年目に担当した卸売会社向けの基幹システム刷新構想策定のプロジェクトです。システム刷新に伴ってどのようなビジネス戦略を進めていけばよいのかなど、お客様の役員クラスの方々と議論する機会にも恵まれました。
なお、このプロジェクトは構想段階なので、前提条件はなく、正解もありません。そのような中で、意思決定のかじ取りをしていくのは、非常に難しいことでした。しかし、難しさを感じる壁があるからこそ、それに立ち向かうことで成長もできます。お客様と綿密にコミュニケーションを取りながら、構想をカタチにしていく経験は、私を大きくしてくれたと感じています。

信頼を得て、任されることが増えていく

コンサルタントになって日々実感するのは「お客様との信頼関係構築」が、仕事のスタートラインだということです。信頼を積み重ねていくことで、少しずつ任されていく仕事が増えてきます。それを実現するために意識していることは、品質にムラを出さないこと。ホームランと三振を繰り返しては、信頼は生まれません。打席に立てば、確実にヒットを打てるように、お客様とのコミュニケーションは重視しています。そのために、メールや電話だけで済ませるのではなく、顔を合わせてお話しすることで安心感を抱いていただくように努力をしています。
そうした頑張りが評価され、お客様から信頼を得て、任せてもらえることが増えてくることが仕事の大きなやりがいにつながっています。私たちコンサルタントが呼ばれるときは、お客様が何か悩みや課題を抱えるとき。それを一つひとつ着実に解決できるコンサルタントを目指していきたいと思います。

お客様と一体となり、課題解決に臨む

入社して3社のプロジェクトを担当しましたが、もちろんすべてが滞りなく進んだわけではありません。あるプロジェクトでは思うように進捗せず、スケジュールが遅延。また、作業工数も膨んでいくという事態に直面しました。スケジュールの大幅変更を余儀なくされましたが、お客様と頻繁に連絡を取り、日に何度も状況確認をしながら、作業の進捗を管理。立て直したスケジュールでやり切った際には、「坂口さんがいなかったらこのプロジェクトは乗り越えることができなったよ」とお客様から感謝のお言葉をいただきました。お客様とコンサルタントという立場を超え、チーム一体となって進めていたプロジェクトだったので、とても嬉しかったですね。

コンサルタントの基礎を磨き、これからさらに飛躍する

入社して1~2年目はコンサルタントとしての基本的な知識・スキルを身につけながら、自分の戦い方や将来像などを模索する時期だったと思います。コンサルタントとして、やっと手足が動くレベルになり、これからが本格的に仕事が面白くなると感じています。存分に価値発揮をして、お客様に困りごとがあったときに、まず最初に「坂口沙織」というコンサルタントの名前が思い浮かぶようになることが目標ですね。

  1. INTERVIEW #1SCIENCE
  2. INTERVIEW #2MANAGE
    MENT