CAREER

LTSの人財開発における目標

時代がどのように流れ、社会がどのように変わっていっても、
心静かに落ち着いて、自分の思うままに人生を拓くことができる。
社員がそうした『実現可能な選択肢をより多く持つ独立人であり自由人』であることこそ、
LTSにおける人財開発の目指す姿と考える。

成長に対する考え方

では、独立人、自由人に、どのようにして至るのか。
道筋は一つではない。
しかし、「成長するためのエンジンを積む」、
このたった一つのことができなければ、その道に踏み出すことはできない。
どれだけ重要なテーマであったとしても、 どれだけ望ましい教材があっても、
どれだけ優れた教え手がいたとしても、 最終的には学び手に学ぶ意志・成長する意志がなければ何も変わらない。
LTSでは、信念を持ち、自ら始め、自ら学び、自ら燃え、自らやりきる、自立・自律的な学習習慣を持つことが、強く求められる。
その成長エンジンを積んだ上で、自ら社会に、市場に求めれらる人財となるべく、
基礎の根を深く張ることが、表層のキャリアを形作る上で重要な観点となる。

LTSのキャリアパス

Expectation By Role

Career Path

Growth Stage Developing

  1. Player
  • 自己完結的に業務を遂行する

Growth Stage Independent

  1. Team
    Leader
    ( TL )
  2. Leading
    Player
    ( LP )
  • チームリーダーとして部下を育成する
  • プレーヤーとして指導的立場にある

Growth Stage Specializing

  1. Manager
  2. Senior
    TL & LP
  3. Specialist
  • マネージャとして、より大規模な成果を出している
  • 専門家として顧客からの個人評価を得ている

Growth Stage Professional

  1. Exective
  2. Senior
    Manager
  3. Expert
  4. Fellow
  • 組織の中枢で経営を担っている
  • 業界の中でも一定の影響力を持っている

Growth Element Skill Set Mind Set

  1. Management
  2. Expertise
  3. Liberal Arts
  4. Leadership
  5. Intelligence
  6. Professionalism
  7. Dignity & Character
  • ビジネスアナリシスとプロジェクト・マネジメントをコアとする専門力と、組織をマネジメントする能力を高めていく。
  • リーダーシップを軸に、人間理解と社会理解の根幹をなす教養と、創造と分析の基本プロセスであるインテリジェンス(思考力)が、マインド・スタンスとスキル・知識をブリッジする。
  • 大樹を育むにあたり、職業人として高い倫理観を持つこと、人間として成熟していくことを大切とする。

主体的学習の支援

人財開発について考えると、個人の主体性が最も重要なドライバーであることは間違いないが、
個人の成長は個人だけで進めるものではない。組織が担うのは、樹の成長に資する土創りの活動である。
中長期的なものは人財開発会議、短期的なものは人財開発委員会にて、関係各部が定期的かつ緊密に協働している。
具体的には、以下の3つの領域で取組を推進している。

  • 業務を通じた学習

    • OJT
    • 目標設定とアクションラーニング
    • スキルチェック
    • ナレッジ共有のための勉強会
    • 事業家養成塾 他
  • 自己学習

    • 資格取得支援
    • 自己啓発支援
    • キャリア開発支援
    • 語学学習支援
    • e-Learning 他
  • 業務を離れた学習

    • 各種階層別研修
    • 各種テーマ別研修
    • カフェテリア型研修
    • 役員・顧問とのラウンドテーブル
    • 教養塾 他