BUSINESS of LTS

LTSの事業

BUSINESS CONCEPT〜LTSのこだわり〜

「変えるのは人、変わるのも人」

ビジョン、戦略、組織、プロセス、システム…
成長し続けるため、企業はシナリオや仕組みを自ら変えていく。企業変革の主体は「人」だ。
しかしながら、シナリオや仕組みを変えたとしても、残念ながらそれだけで企業が変わることはない。
それはなぜか?
経営から現場まで、企業を構成する「人」こそ企業そのものであり、
人の意欲・能力・行動が変わって初めて企業は変わる。「人」は企業変革の客体でもある。

「人が変わる」ところまでを企業変革の範囲ととらえると、
既存のコンサルティング・サービスの限界が見えてくる。
私たちは、お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで、戦略の実行にコミットする。
企業と企業、経営と現場、部門と部門、人と人…これらをつなぎながら。

BUSINESS DOMAIN~LTSのフィールド~

豊かな社会を実現する

お客様の成長、そしてその成長の先にある豊かな社会・・・

企業が効率的に運営され、利益を産み、適切な成長を遂げることで市場が成長する。
そうした企業活動は、全ての社会的活動(官公、NPO、個人等)の原資となる。
市場の成長は、全ての社会的活動につながっている。
LTSは、サービスを提供することで、より自由で活き活きした人間社会を実現するための活動原資を生み出していくと共に、
社会的に価値のある企業体を増やしていく。

VALUE PROPOSITION~お客様にとってのLTS~

お客様の現場に入り込み、
人に働きかけることで、戦略の実行にコミットする

個々の事業・サービスは独立した存在ではない。
お客様の成長に資する役割期待の観点を持ち、
事業・サービスを有機的につなげることで、提供価値に相乗効果を加えていく。

ライフタイム・パートナー

企業のライフステージは、創業から成長・成熟を経て衰退へと向かう。当然それぞれの時期によって、組織で行うべきことは変わる。私たちはライフタイム・パートナーとしてクライアント企業に寄り添い続け、モデルの立案からプロセスの遂行まで、ワンストップで成長をご支援する。

  • 創業期

    企業や事業や組織の創出(立上プロジェクト)

  • 成長・成熟期

    プロセスの維持・改善・拡大(オペレーション)

  • 衰退期

    企業や事業や組織の革新(変革プロジェクト)

ビジネス・プロデューサー

企業の優位性が競争戦略に支えられていた時代は終わろうとしており、差別化要素に占めるビジョンやオペレーションの割合が相対的に高まっている。このように実行力の重要さが増す中で、私たちはサービス・サイエンス(顧客志向)に基づいたケイパビリティ・ベースド・ストラテジー(実践志向)を提案し、新たな価値創造をご支援する。

  • Strategy

    戦略立案(ビジネスモデル、ポジショニング)

  • CRM

    カスタマージャーニー(プロセス改革)、コールセンター(接点改善)

  • Data Analysis

    マーケティング(ビジネス創造)、業務プロセス(プロセス改革)

チェンジ・エージェント

企業活動とは、お客様に始まりお客様に終わる価値提供のライフサイクルを意味する。このビジネス・プロセスを変革する際に私たちは、ユーザ・サイド(インサイダー・ポジション)に立って泥臭く立ち回ることで、顧客内部と外部の専門家集団を動かし、変革を成功に導く。

  • 業務

    プロセス改善/改革(構造・手順・工数の可視化、効率化)

  • IT

    情報システム構築(企画・設計~開発・運用、統括・管理)

  • 人材開発(個の変容)、組織開発(つながりの変質)

プラットフォーマー

複数の企業が機能連携して製品やサービスを提供することが主流となる現在、社外リソースの活用が成長のレバレッジポイントになっている。LTSからスピンアウトさせた新規事業会社では、社外リソースとの出会いの場(プラットフォーム)をご提供し、成長を加速させる。

  • M&A

    外部プロセスの取り込み

  • Alliance

    外部プロセスとの連結

  • OutSourcing

    外部プロセスの活用